アスミール ダイエット

アスミールがダイエットに直接効くわけない、でも上手く活用は可能!

【注意!】
このページは、他サイトをややディスるような内容が書かれています。

 

理由は、アスミールとダイエットの関係について、あまりみにもウンザリする内容のサイトが多く、読む方々のためにならないなーって思ったので、当サイトでは本質的なことをしっかり書くべきだと感じたからです。

 

ネガティブな内容が無理・・・という方は「戻る」をクリックするなりして、先に進まないことをお勧めします。

 

 

「アスミール ダイエット」と検索するとまやかしばかりが語られてる・・・

「アスミール ダイエット」と検索すると、こじつけたような内容ばかりが書かれたサイトが溢れています。あんまりこういうことは言いたくないのですが、正直、ウンザリしますね。

 

なんでもっと本質的なこと、書けないのかなーって凄く不思議です。

 

まあ、正直、本気でダイエットをやってない人たちなんでしょうし、実際、ダイエットに成功し、それをキープし続けている経験もないんだと思います。

 

それか、アフィリエイト目的で検索されてるキーワードでとりあえずページを増やした・・・その程度でしょう。

 

 

アルギニンが含まれてるから成長ホルモンの分泌がどうのこうの・・・・

中でも、アスミールはアルギニンが含まれてるから成長ホルモンの分泌がどうのこうの・・・・って記載が結構あります。

 

ただ、そもそも、アスミール1回分にどれくらいのアルギニンが入ってるか把握してるんでしょうか?

 

実際は成長ホルモンの分泌にダイレクトに作用するような量は含まれていません。それを言うならアスミールじゃなくて「Dr.senobiru」を挙げるべきでしょう。1日に5gものアルギニンを子供に摂取させようっていうサプリなんですから。

 

そもそもアルギニンサプリを摂っていても、ダイエットの原理原則をしっかり実践できていないとダイエットなんか上手くいかないです。

 

ハッキリ言って、原理原則の実践が継続できないから、ダイエットが上手くいかない人たちが溢れている状況なので、正直、アルギニンサプリがダイエットに効果があるとかないとか・・・・そんなこと以前に問題の本質があります。

↑目次へ戻る↑

 

ダイエットの基本原理

ダイエットってとても奥が深いですよね。ただ、基本的な原理原則は存在しています。単純に言えば、

 

「 消費カロリー > 摂取カロリー 」

 

この図式です。

 

運動や活動で消費するカロリー量が、食事で体内に入ってくる摂取カロリーを上回った状態を日々キープすれば、ダイエットは上手くいきます。正直、これ以外のダイエット方法は存在しません。

 

もし夢のような簡単な方法があるならダイエットで失敗する人は皆無なはずですし、ボクサーやボディビルダーなども減量で苦労することもないはずです。

 

毎食カロリー計算を実施し、1時間の筋トレと1時間のウォーキングを毎日やり続けている「筋トレパパ」も思いっきり実感しています。

 

勿論、アルギニン、シトルリン、BCAA、プロテイン、ビタミンBなどのサプリも活用していますが、それらがあってもなくてもダイエットに大した影響はないです。原理原則がしっかり守られてることが最も大事なことです。

 

実際、その考え方で体脂肪率15%〜18%を常時維持できています。

 

全然食べてないのに何故か痩せない・・・とか言ってる人は、一度、何をどのくらい食べたのか、実際にクッキングスケールで重さを計って記録してみると良いです。

 

その上で大まかにトータルの摂取カロリーを把握します。

 

同時に、自分の年齢の基礎代謝量をネットで調べて、日々の活動や運動によって消費するカロリー量を勘案してトータルの消費カロリーを把握します。

 

余程過酷なダイエットを既にしている人を除き、痩せない人は「食べてるカロリー」が「使うカロリー」を必ず上回っています。

 

日本医師会公式サイトでは、1日に必要な推定エネルギー必要量の目安を簡単に把握できるようになっています↓

 

カロリーなんて気にしないで、おいしいものを食べたいだけ食べられればいいのですが、そんなウマイ話はありません。いまの日本では、普通に食べてもカロリーオーバー になってしまいます。健康になるための第1ステップ。あなたの 「1日に必要な推定エネルギー必要量」をしらべてみましょう。

 

引用元:日本医師会「健康の森」

 

世の中、いろんなダイエット方法がテレビや雑誌で賑わい、一時的にブームになったりします。

 

でも、ダイエットの不変の原理原則は単純であり、運動や活動で消費するカロリー量が、食事で体内に入ってくる摂取カロリーを上回った状態を日々キープすることが唯一の方法となります。

↑目次へ戻る↑

 

アスミールはダイエットに効果が期待できるのか?

アスミールだけでなく、ダイエットに大きな効果が期待できるような成分は存在しません。

 

基本は如何に、「 消費カロリー > 摂取カロリー 」の図式を日々継続していけるかにかかっています。

 

アスミール自体にダイエットに大きな効果が期待できる何かが含まれているわけではないですが、効果的に利用してダイエットに活用する方法ならあります。

 

なぜなら、アスミールはとても低くカロリーが抑えられているからです。

↑目次へ戻る↑

 

アスミールをダイエットに効果的に利用する方法

ダイエットの基本は「 消費カロリー > 摂取カロリー 」です。

 

  • カロリーの低い食事を心がける
  • 消費カロリーの高い運動を継続して実施する

 

実際には上記2つのポイントを毎日の生活の中で実践していくことがカギになります。

 

低カロリーであるアスミールは「カロリーの低い食事を心がける」ことに活かすことができます。

↑目次へ戻る↑

 

アスミールをダイエットに活用するおすすめのスタイル

朝を置き換えダイエット風にして、

 

  • アスミール
  • 低脂肪牛乳200ml
  • オートミールのおかゆ30g
  • サラダ

 

のようなメニューにします。勿論、昼でも構いません。

 

  カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物
【朝】        
アスミール 21.4 0.29 0.35 4.28
低脂肪牛乳 約200ml 96 7.9 2.08 11.44
オートミール30g 114 4.11 1.71 20.73
海藻サラダ150g 44 1.91 0.21 10.5
         
合計 275.4 14.21 4.35 46.95

 

これじゃあ足りない・・・という場合、さらに「ゆで卵」を加えたとしても、

 

  カロリー たんぱく質 脂質 炭水化物
【朝】        
アスミール 21.4 0.29 0.35 4.28
低脂肪牛乳 約200ml 96 7.9 2.08 11.44
オートミール30g 114 4.11 1.71 20.73
海藻サラダ150g 44 1.91 0.21 10.5
ゆで卵60g 91 7.74 6 0.18
         
合計 366.4 21.59 10.53 47.13

 

カロリーが低く、高たんぱくな内容になっています。

 

栄養素を細かく見てみると、

 

  • 亜鉛:4.58
  • カルシウム:841.76
  • マグネシウム:187.44
  • 鉄:9.34
  • ビタミンA:486.78
  • ビタミンB1:1.11
  • ビタミンB2:1.6
  • ビタミンB3(ナイアシン):14.71
  • ビタミンB6:1.47
  • ビタミンB12:3.21
  • ビタミンC:76.4
  • ビタミンD:10.91
  • ビタミンE:7.36

 

・・・となり、低カロリーでありながら、高タンパク、且つ、栄養価の高い朝食になります。

 

  • 摂取カロリーを低く抑えることに成功し
  • 必要な栄養はしっかり摂取することが可能

 

という状態でダイエットを実践していくことができます。

 

↑目次へ戻る↑